統合失調症は魂の病である

前にも原罪を引き合いに出して書いたことですが、統合失調症の原因は一般的には不明と言われておりますが、クリスチャンの立場から言わせていただきますと、100%間違いなく魂の病です。したがって、魂の治療が必要です。それがイエスの奇跡の本質であり、「洗礼」が究極の治療法であります。以上。

ただ、デタラメな洗礼がまかり通っていますので、どこの教会でも洗礼が正しく行われているわけではないとうことを捕捉させていただきます。

魂の問題は科学者の扱う問題ではないので精神科医に言っても理解できないでしょう。したがって、あなたの主治医にきいても意味がありませんので、その点はご理解願いたいと思います。私の知る限りで科学と信仰を両立させたのは「パンセ」を書いたパスカルだけです。ダ・ヴィンチも科学と宗教を扱いましたが彼の場合、宗教的には非常に迷信深いと私は個人的に思います。

ただ、魂の問題が解決したとしても、脳が負ったダメージが回復するわけではないので、洗礼を受けた後でも投薬治療は必要となります。しかし、それはあくまでもフィジカルな問題であり、何らかのエラーがあったとしてもそれは魂の問題ではありません。その点は誤解のなきよう願います。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック